2017年12月スマイル咲子通信

2017年12月スマイル咲子通信
└────────────────────■

皆さま

こんにちは、いつもご支援ありがとうございます。
甲府市議会議員の末木咲子です。

12月の活動をご案内させて頂きます。

◇――――――――――――――――――――◇
1:2017年12月のメッセージ
2:2017年12月の予定
3:お願い(ご意見お聞かせ下さい)
◇――――――――――――――――――――◇

1┃2017年12月のメッセージ
━┛――――――――――――――――――――――
■今年も残り少なくなってきました。
一年の幸せと実りをもたらしてくださる
歳神様をお迎えするために、
家の煤払い、そして正月飾りの準備など
暮れは何かと忙しいですね。

■先日、山梨県立博物館に
甲府徳川家の企画展を観に行ってきました。
こちらの企画は、こうふ開府500年実行委員会が
後援となっています。
江戸幕府の第6代将軍家宣が、将軍に就く以前、
綱豊と名乗って甲斐国を中心に支配していました。
甲府藩は、関東近郊においては、
水戸藩に匹敵する石高を有する大藩でした。
甲府徳川家は、尾張・水戸・紀伊より
上の格式を与えられていました。
甲府徳川家は、綱豊とその父の綱重、2代の家です。
綱重の父が第三代将軍家光です。
そして綱豊は、宝永6年5月1日に
第6代将軍家宣として指名されました。
将軍就任以前から家宣は生類憐みの令の停止や
御用方右筆の創設など新井白石を
ブレーンとして、「正徳の治」を推進し、
新しい時代の到来を予感させました。
同年7月に後の家継となる男子鍋松が誕生します。
この時が家宣のもっとも華々しい時期でした。

■しかし就任からわずか4年後、
正徳2年に家宣は51歳で亡くなりました。
残された4歳の将軍家綱と共に、
甲州系実務官僚たちは、
「正徳の治」を継続していきます。
しかし正徳6年に家綱は没し、
旧甲府藩士が支えた「正徳の治」は終わりを告げ、
徳川吉宗が紀州藩から8代将軍として、
江戸城に迎えられることになりました。
甲府の素晴らしい歴史に触れて嬉しく思いました。
これからも甲府徳川家のルーツを
大切に語っていきたいと思います。

■今年は22日が冬至ですね。
柚木湯に入って健康なお正月をお迎えください。
皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

2┃2017年12月の予定
━┛――――――――――――――――――――――
12月の勉強会・街頭演説の予定です。

勉強会、街頭演説は、どなたでも
ご参加できますので、気軽にお越し下さい。

●●●●勉強会●●●●
今月(12月)も座談会を開催いたします。

皆様と住んでいるまちがもっと住みやすく、
楽しくなるようなお話ができたらと思います。

「○○で困っている」という生活の悩み、
「甲府でこんなことできないかな?」という構想、
「最近の嬉しかったこと」といった雑談など、
自由に楽しくお話しをしましょう。

準備や持ち物もいりません。
皆様のお越しをお待ちしています。
よろしくお願いします。

【開催概要】
日時:12月21日(木)「19時-20時」
費用:300円(会場費として)
場所:末木米穀店 2F
(〒400-0032 甲府市中央3-11-31)
連絡先:末木咲子と甲府を笑顔いっぱいにする会
電話:055-267-6010 

※1回の開催になりますが、別日程での開催、
出張座談会など、ご要望承ります。

●●●●街頭演説●●●●
毎週水・金曜日の朝7:30から8:30に
街頭演説を行っています。
 ・水曜日(「穴切神社入口」の交差点)
 ・金曜日(「中央3丁目」信号の交差点)

勉強会、街頭演説などの最新の情報は、
HPのカレンダーに記載しています。
  ⇒詳しくはこちら : http://sskofu.com/schedule/

3┃お願い(ご意見お聞かせ下さい)
━┛――――――――――――――――――――――
私は、「毎日笑顔で生活がしたい!」という皆さまの
素直な気持ちを、皆さまとともに実現できる社会を
作りたいと考え政治家を目指しました。
そのため、皆さまの声が活動の源です。

そこで、生活や地域の困りごとなどがありましたら、
遠慮無くご連絡下さい。
  ⇒詳しくはこちら : http://sskofu.com/inquiry/

カテゴリー: メルマガ | 2017年12月スマイル咲子通信 はコメントを受け付けていません。